相続がしっかりして初めて終活です

近年、終活という言葉が一般的になりつつありますが、終活では、その人の人生がその場で終わり、残りの遺品は全て分けてしまう、廃棄してしまうことがしっかりと決まっていて初めて終活といえるでしょう。しかし、本当の終活は相続が遺族にわける金額が明確になり、だれも文句が無い状態になっていないといけません。

相続において、法律上は妻が2分の1で残りが子供で等分に分けます。しかし、故人の意思を反映させる方法として遺言書があります。遺言書をがしっかりしていれば、遺言どおりに行われないといけません。しかし、遺族がそれで納得がいかない場合は遺留分を請求することが出来ます。

遺産はいろいろ揉め事が発生します。仲の良い兄弟も喧嘩するケースがありますし、親子でも喧嘩します。そうならないために故人はしなくてはいけません。死んだ後もお金だけでなく争いを残すような形にしてはいけません。その意味においても終活は大切なことなのです。