遺言書がある相続でのメリット

相続で被相続人の作成した遺言書があるかないかはとても重要なポイントです。
法的に有効であると認められる遺言書があれば遺産分割協議をして相続人全員の参加のもと相続人全員の同意を得る必要がなくなります。
この相続人全員が参加して全員が同意するというのは実は思っているより非常に大変です。
遺産分割協議に一人でも参加しない人がいたり最終的に決めた案に賛成しないものがいたら協議は成立しないからです。

お金絡みだから揉めるというのもありますが、それまでの故人との関係などからも心情的に色々とあるからこそお互いに納得のいく遺産分割は難しいものなのです。
そうしたトラブルに発展するのを防ぐためにも自分の元気なうちに遺言書を作成しておくのが残される家族の為にも大切です。

遺言書の内容もそうしたトラブルを避けるために
遺留分にも配慮した割合で相続割合を決めておくと良いです。
また遺言書内には付言事項としてそうした遺産分割にした理由やこれまでの感謝などといった自分の気持ちを書いておくと相続人側も受け入れやすいです。