無駄にならない遺言書の作成

自分に何かある前に遺言書を残しておこうと考えるのはとても良い事です。
けれどせっかく作成した遺言書が無効になってしまう場合もあります。
それは専門家に頼まず、自分で全てを行なった場合に多いのです。
自分で書いて作成する自筆証書遺言書は難しいものではありません。
しかし法律に定められた要件と形式を満たさなければ有効な遺言書であるとは認めてもらえないのです。
遺言書が無効になったら故人の意志は無駄となってしまいます。
実際、そんな事例は多くありその場合は遺言書が最初からないものとされて遺産相続がなされる事になってしまうのです。
それを避けるためにも自筆証書遺言書の作成では最低限のルールを守っておく必要があります。
まずパソコンで作った遺言書は無効になります。
代筆も認められないので必ず自筆しましょう。
そして遺言書には日付、署名も自筆で記載しないと有効な遺言書になりません。
その他、書き間違えたからといって訂正や追加は法律に定められた方法で行います。
書き間違えたなら全て最初から新しく書き直した方が良いですね。
また内容の記載も具体的に分かりやすく書くよう気をつけましょう。